コンプライアンス講座知らずにはまる!
コンプライアンスの落とし穴

合計視聴時間30分38秒

企業の社会的責任が求められる中、コンプライアンスの重要性はますます高まっています。
「知らずにはまる!コンプライアンスの落とし穴」は、コンプライアンスに関連する法律を身近な事例でわかりやすく解説しています。
社員一人一人が正しい知識を身に着けることで、コンプライアンスの意識を高めましょう。

講座紹介

STEP1

労働時間を守ろう!
長時間の過度な労働が続くと、疲労や睡眠不足、ストレスから、身体や精神の不調を引き起こす原因となります。
適切な労働時間を守って、効率的に働きましょう。

STEP2

反社会的勢力と関わるな!
反社会的勢力と関りを持つと会社の信用は大きく失墜します。
どのようにしたら反社会的勢力との付き合いを予防できるか、学習しましょう。

STEP3

無断で使ったら著作権侵害!
知っているようで、よくわかっていない著作権。
キャラクターや文章など、他人の著作物を勝手に使ったら著作権侵害という犯罪になります。

STEP4

プライベートでも会社の一員!
プライベートであっても、事件や事故を起こせば会社や家族に大きな影響を与えます。
常に会社の看板を背負っていることを忘れてはいけません。

STEP5

パワハラ・セクハラの境界線
どこからがパワハラやセクハラになるのか、線引きが難しい職場でのハラスメント問題。
それぞれの定義をしっかりと理解して、予防しましょう。

STEP6

下請け業者を大切に!
下請け業者が、親事業者から不当な扱いを受けないように保護する法律、「下請法」。
法律違反とならないように、下請法について学習しましょう。

STEP7

贈り物? 賄賂?
贈収賄に気を付けよう!
贈収賄は公務員に対してだけ気を付ければいいのでしょうか?
「みなし公務員」と呼ばれる職業についても、贈収賄が適用されるため注意が必要です。

STEP8

小さな嘘が虚偽申請に!
わずか数百円といえども、虚偽申請は犯罪行為となります。
小さな不正を見逃していると、より大きな不正へとエスカレートして、重大なトラブルを招きかねません。