Home > 九段さんぽ > Webパッケ 商品会議にイノベーション手法を活用しています。

KUDAN散歩

umehara

2012-11-21

Webパッケ 商品会議にイノベーション手法を活用しています。

当社から新しいサービスとして中小企業さまや個人事業主さま向けのホームページパッケージサービス「Webパッケ?http://www.pakke.jp

商品会議に下記のようなイノベーション手法を取り入れています。

主にスタンフォード大学ハッソ・プラットナー・デザイン研究所のデザイン思考法とビジネスモデル・ジェネレーションのビジネスモデルキャンパスを活用しています。

会議で使う理由は、会議内に述べられた商品に対する課題、状況、問題、目標、手段、改善の「見える化」を行っています。

ようは、デザイン思考は見えないニーズを掘り出すこと
利用者がどのように製品やサービスを利用するのかという観点でのデザインです。

?今まで行っていたブレストのみの会議より、会議時間が短縮、生産性の高い会議を実現できるようになります。具体的な効果として、ポストイットを使うという事で、書いたアイデアや課題がペタペタと動かせる。会議体の共有及び決定のスピードが早く、効率化が図れるなどの効果があります。

現在「Webパッケ?http://www.pakke.jp」 は、お客様の満足を最大限にするために、「見える化」で得た内容と「リリース後、実際に起こした行動」を比較、再評価してサービスにアップデートしていきます。

デザイン思考は次の方法です。
御社の会議にも是非取り入れてみてください!