Home > 漢字アーカイブ

漢字アーカイブ

グラブデザインの情報セキュリティ教材

今年、創業から16周年の節目になる「グラブデザイン」
広告クリエイティブでは「CMS+Web制作」、エデュケーションクリエイティブでは、「eラーニング、デジタル教材」を構成段階から具現化させて制作する体制で「クリエイティブ+教育」の視点で開発していきます。
「楽しいCreative」で情報セキュリティの販売を開始しました。また「学びオジさん」と声優の「atecoちゃん」をLINEスタンプでリリースしました。
 

LINEスタンプ「学びオジさん」

2013年12月のコラム

2013年もラスト一か月を切りました。 街には綺麗なイルミネーションが灯されてますね。 でもちょっと明るすぎる街のデジタルな明るさではなく、 キャンドルの灯りのような自然の明るさもオススメします。 キャンドルの灯りのゆらめきには『1/fゆらぎ』と呼ばれる鼓動と同じリズムがあって、 高い癒しの効果があるみたいです。 年末やらなきゃいけないことってたくさんありますよね。 年賀状の準備、お歳暮の準備、クリスマス、そして大掃除…。 おまけに仕事も繁忙期。。。 怒濤の年末、面倒なことは早めにえ?い!って退治して、 癒しの灯りの中で今年を振り返ってみるのもいいかもしれませんね。

2013年11月のコラム

秋深まるこの季節、紅に染まった山々を眺めながら、ほっと一息。 ハイキングや登山にもいい季節になりましたね。 想像するだけで、日頃の疲れも癒されるような気がしませんか?
小学校の頃は、紅葉狩りのあと、拾った紅葉やドングリを使って図画工作をしたり、 先生の意図とは裏腹に、忍者ごっこをして怒られたり・・・。懐かしいですね。 ゆっくりとした時間の流れる秋。ちょっぴり贅沢に楽しむ時間を作りましょう。

2013年10月のコラム

葉が紅に色づき、作物も実る。ちょっぴり肌寒くなった秋の到来です! 今月の一文字は「湯」好きな温泉はありますか? この季節こそ、紅葉を眺めながら一緒に露天風呂・・・。 気の合う友人と恋人とファミリーと楽しむ・・。湯船からの景色を楽しむ・・。泉質を楽しむ・・。 「やっぱり温泉は、源泉かけ流しじゃないとね」「やっぱり炭酸水素塩泉だよね」などとウンチクを楽しむ10月・・。 想像してると、ちょっと熱くなってきましたね・・。 今月は、お気に入りの温泉を見つける旅に出かけてみてはいかがでしょうか?

2013年9月のコラム

この夏、行楽や帰省でよく歩きましたか?とてもじゃないけど外は暑すぎて、体 はバテバテ。気がついたら、エアコンが効いたクルマに頼って、あまり歩いてな いなんてことも・・。 暑い夏を乗り切った今、秋の音が聞こえてくる涼しい9月に、ウォーキングの時 間を取り入れてみるのはいかがでしょうか?毎日、急いで通り過ぎるだけの景色 も、ゆっくり歩いて見てみれば、新しい発見があるかもしれません。一歩一歩、 焦らず着実に歩いてゆき、人として豊かな実りとなる。そんな「歩み」の秋にし ましょう!

2013年8月のコラム

時の流れ、川の流れ、うつり変わるものすべてに表される【流】
記憶に新しいところでは、第23回参議院議員選挙がありました。これも、時代の新たな【流】になるのだなぁと感じています。
ただ、流れゆくものには良いことばかりとは限りません。気づいたら流れに取り残され、また、流れるままに日々を過ごしていては後悔してしまうこともあるでしょう。 そのような流れに翻弄されず、自らの流れを創造し、流しそーめんのように皆さんにわいわい楽しんでもらう、そんなグラブデザインでありたいと思います! 今月もよろしくお願いいたします!

2013年7月のコラム

7月と言えば「祭」! 7月7日の七夕をはじめ、京都の祇園祭、大阪の天神祭やグラブデザインのある九段では沢山の提灯が並ぶ「みたままつり」・・。 「祭」はもともとは「神を祀(まつ)る」という意味から派生したそうです。 また今月は参院選の「政(まつりごと)」 日本に優しい議員が生まれ、ワッショイ♪ワッショイ♪と景気の良い日本が続きます ように! そんな7月、今月も暑い日を乗り切りましょう!

2013年6月のコラム

6月といえばジューンブライド。 この季節に結婚した花嫁は「幸せになれる」と言われています。そんな訳で今月の漢字は、じつに縁起の良い【結】! グラブデザインは、今春より新たなメンバーを迎え、新体制での固い【結】束による、幸先の良いスタートを切りました。このつながりを資本に、最新のクリエイティブ、最新のWEBテクノロジー、という大きな【結】びつきで、クリエイティブ力で教育レベルをあげ、さらなる社会貢献へ発展!そして日本は世界に跳び出し!火星へ旅するロケットを開発し・・・と長々宣ったところで、今回の文章を【結】ばせていただきます。

2013年5月のコラム

春から新緑の季節へ。束の間の暖かい気候から、若干の肌寒さが戻ってきたかのようですね。こんな時期にふさわしい漢字は「展」。…… 展? 辞書 で調べると【どこまでも伸び広がる】【平らに広げ並べる】【隅から隅まで見る】【巻いたものを開く】。そう、【どこまでも伸び広がった】会場を足 が棒になるほど歩く『東京ビッグサイト』、そこに【並べられた】作品を【隅々まで見る】『展示会』→→→『東京ビッグサイトの展示会』!展!!! 「もう喉カラカラ。。しっぽを巻いて座り込みたい、、」グラブデザインは、会場を隅々まで歩いてヘトヘトになって【巻いてしまったしっぽを開け る】ブースをご用意してお待ちしております。(グラブデザインは「教育ITソリューションEXPO≪5月15日開催≫」に出展いたします!)

2013年4月のコラム

4月だから桜の話題で…などと思っていたら、関東は3月の時点でほとんど散っているではありませんか。「ちょっと!頼むよ!もっとがんばってよ!」と桜の木に声をかけていたら、道行く人々に「ああ、この季節になるとよく見かけるタイプの風物詩だね。春だねぇ」と横目でチラチラと見られ、図らずも春の到来をお知らせするのに自分が一役買ってしまう始末。四月は花見で酒が飲めるぞ?と先達が歌ったように、お花見は「四月」とワンセットでやるのが世の常なのに、肝心のお花がないんだからただの飲み会。おまけに寒い。ああ、四月に桜が咲いていないだけで人はこんなに調子が狂うものかと思い知らされた次第ですが、桜はなくとも新年度。頭にお花を咲かすのはほどほどでまいりましょう。

2013年3月のコラム

卒業シーズンです。
ただ、「卒業」といっても学生生活の終了にまつわる青春ストーリーばかりではありません。諸事情あり、チームという名の学校を七転八倒の末辞めることになったアイドルが呟く「私、卒業します」。健康上の理由で医者から断酒を命じられたお父さんが、お酒学校在学中に体験した飲みニケーションやとんでもないズッコケエピソードを走馬灯のように駆け巡らせつつ呟く「お酒は、卒業だ」。いずれも、学生生活と同等かそれ以上の得難い体験があったからこそ、あえて「卒業」という言葉が使われたのです。甘い青春ストーリーでは到底太刀打ちできない深みと重みがあります。青春の負け! 完敗!
…勝手に勝負を挑まれ、勝手に負かされる青春サイドもたまったものではありませんが。

2013年2月のコラム

「鬼は外!福は内!」をやった後に、歳の数だけ豆を食べて体を丈夫にしたいのは山々ですが、三十路も過ぎるとそれも少々キツくなってきます。頑張ってノルマを達成したものの、福を招いたつもりが腹痛を招いてしまうという有様で、身体的にもダジャレ的にもこれは大変厳しいものがあります。豆だけでなく、近年は恵方巻きにかぶりつく習慣も定着しつつあっていろいろ食べないといけない節分なのですが、巻いてあればなんでもOK!とばかりに「恵方ピザ」や「恵方トルティーヤ」なんてものを売り出す企業も現れて混沌を極めている模様。まぁ、いろいろ食べるのもいいのですが、「恵方人間」として、一日中ぬくぬくとお布団に包まっていたいというのが本音ですかね。毎日毎日寒いので…

2013年元旦のコラム

さて、今年も残すところあと360日余りとなりました(どや顏)。今年は蛇年。「ヤダ気持ち悪い!」と忌み嫌われたり、そうかと思ったら「神様のお使いじゃ!」と崇め奉られたり、何かと大変なヘビですが、この存在としての振り幅の大きさこそが彼らの最大の魅力。デザイン会社っぽいことで言うと、キャラクター化した時にとことん邪悪で凶悪なものから、とことん美しかったり可愛いかったりするものまで出来上がる、そういった素材としての素晴らしさをヘビは持っているのであります。こんな魅力的なヘビ様に見習って、今年一年、当社もヘビのごとく脱皮を繰り返しながら、縦横無尽にニョロニョロと進んで参る所存です。気持ち悪がられないようにだけは注意しつつ…

2013年 謹賀新年

2012年12年のコラム

師走です。師が走るほどに大忙しな12月ですが、そもそも「師」って誰?何の師匠?走ってる理由は?という疑問が次々と湧いたためインターネットで語源を調べてみました。が、諸説あるものの結局のところ真相は不明。別に「師」が走ってるわけではないという予想外の説まで飛び出す始末でもう何が何やら… ともあれ、正月のおせちをお店で買うのが主流になりつつあったりで昔に比べたら何かと年末の忙しさが軽減されている感はあるものの、「師走」という漢字を見て皆なんとなく納得できるバタバタ状態であることに間違いはないので、この際語源はどうでもいいですね。さて、我々は来年も一年中走り続けたいので、お仕事のご依頼お待ちしております。今年一年ありがとうございました!

2012年11月のコラム

秋の感じも薄れ、冬と呼ぶにはまだ早い。何か中途半端で落ち着かない気持ちのまま過ぎ去ることで世界的に有名な11月です。さて11月3日は文化の日。比較的まったりぼんやりと過ごしている方はもちろん、大きな夢をかなえるために日々研鑽を積んでいる方でも、この日に勲章をいただくのはかなりの狭き門。しかし、叙勲気分を味わうだけならバチも当たりませんので、各自で勲章を作って、ご家族や友人知人に勝手に授与してみてはいかがでしょうか?お相手の好きなものに合わせて、瓶ビールのフタで、人形焼で、無線マウスで、サッカーボールで、カニグラタンの甲羅で、車のスペアタイヤで… ほら、ネタは尽きないしみんな笑顔!これが文化的な試みというものであります。

2012年10月のコラム

ここ数年、やけに夏が長くなってませんか?食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋、といろいろなことをしなければならない忙しい秋ですが、何ゆえ秋にこんなにもいろいろ詰め込むのかといえば、暑すぎず寒すぎず何をするにも丁度いい季節だからですよね。そんな大切な秋なのに、ですよ。夏と冬にどんどんその地位を追われ、最初3ヶ月あった秋も気付くと4日程度に短縮。家族で読書、スポーツ、グルメ、芸術をキッチリ分担しない限りとてもじゃないが秋をこなせず、いつしか秋は消滅!日本の四季は三季となるのであった……… みたいなことばっかり考えているとお腹が減りますよね、季節に関係なく。

2012年9月のコラム

9月と言えばお月見ということになっていますが…お月見って、ちゃんとしたことあります?お月見というのはただ月を見ていればよいというわけではなく、「お月様」と「風情」がセットになっていなければなりません。それっぽい縁側に、月見だんごとススキとお神酒をしつらえ「ああ、うさぎがお餅をついているねぇ」などという呟きがくっついて初めてお月見完成!と相成るわけですが、小道具と日本酒は辛うじて手に入っても、「それっぽい縁側」、これがなかなか手に入らない!集合住宅のコンクリのべランダではどうにも締まらないわけです。我々のお月見は、「それっぽい縁側」を探す旅から始まります。

2012年8月のコラム

棒アイスの溶けるスピードが尋常ではなく、びっくりするようなスピードで平らげないと足元に横たわるアイスの塊を見つめながら涙する羽目になる、そんな猛烈に暑い日々が続いております。せめて気分だけでも涼しげにとこの漢字をチョイスしましたが、ええ、わかってます、厳しいですね現実は!ところで、毎年夏の暑さに拍車をかけるセミの鳴き声が今年はどうも小さいように感じませんか?セミすら地上に出てくるのをためらう暑さということでしょうか。それとも地下では我々が想像もしていなかったような何か恐ろしい出来事が… おや?体がヒンヤリしてまいりました。

2012年7月のコラム

四年に一度のオリンピックが開催されます!先月、東京スカイツリーの開業に合わせて事務所を移転したと書きましたが、実は夏季オリンピック30回記念となる今大会に合わせて移転した、というのが本当のところです。さて、ウソも大概にしますが、そもそもオリンピックって誰の提唱で始まったの?とか、五つの輪が意味するものって何?といった基本的な質問にすぐに答えられますか?ネットで調べたらすぐにわかるのですが、ここで一点お伝えしたいことが。皆様、早くも一年の後半がスタートしましたよ! …おや?調べものどころではなくなっていますね?

2012年6月のコラム

東京スカイツリーが開業し、空前の高所ブームが到来!当社も負けじとちょっとだけ高所へオフィスを移転しました。拍手!人通りの多い道沿いの1階にあって一日中カーテン閉めきり状態だった旧オフィスとは打って変わり、外の景色を視界に入れながらの業務となっていますが、いやぁ?常に外が見えてるって気持ちいいものですねぇ。引っ越し早々豪雨に見舞われたものの、雨粒が窓を叩きつけてるだけで立派なアトラクションですよ!そんなこんなで心機一転、今後ともよろしくお願いいたします。

2012年5月のコラム

「さわやか」を「爽やか」と漢字で書くと「爽」の字ってバツだらけでむしろ鬱陶しいな、などと思いつつ、さらに眺めていると漢字にすらみえなくなってきて、あれ?なんだか塔っぽいというか、ん?電波塔だよねこれ… あっそういえばスカイツリーって確か今月オープンでしょ?あれって案外どこからでも見えるからさ、どんどんありがたみが薄まってるよね。そういう意味では東京タワーの方がいざ見えたときのありがたみは……… 話も弾む爽やかな5月です。

2012年4月のコラム

寒過ぎる季節がやっと終わりを迎えつつある喜びを、ストレート過ぎる一文字で表現してみました。ただ、靖国神社という最高のお花見スポットにほど近い当社は喜んでばかりもいられず、すっかりお酒が回って気持ちよくなった人々の奇声を耳にしながら仕事をしたり、すっかりお酒が回って気持ちよくなった人々の波をかき分けながら帰る等の「修行」が発生する季節でもあります。グラブデザインへの春の香りは、アルコールに乗って届きます。

2012年3月のコラム

震災から一年が経過します。様々な非日常を日々目の当たりにし、体験する中で、まさか自分が考えるようになるなどとは想像もしなかった諸々についていろいろと考えるようになっていきました。去年の3月、図らずも草木の芽吹きに合わせて自分の頭に思考の芽がポツポツと生えてしまったわけですが、今年も、そして来年も再来年も、3月になると頭から新しい芽が生え、何かを考えることになるでしょう。そして、この営みは生きている限り続くのでしょう。

2012年2月のコラム

皆様、豆まきはされましたか?今年の冬は例年になく寒い気がしますけど、こんなときまで裸同然でいられる鬼というのは相当屈強であることが予想され、そんな彼らを豆のアタック程度で退散させることができるものなのか甚だ疑問なわけですが、ドラキュラ伯爵におけるニンニクみたいなものだと理解すれば納得がいき… いや、彼らが大の豆嫌いだなんて話は聞いたことがないぞウウム、と余計な事ばかり考えているとほら、頭の中くらいは温まってきませんか?

2012年元旦のコラム

(今後毎年これで始めますが)さて今年も残すところあと360日余りとなりました。このまま次のお正月まで終わりなきおとそ気分!というわけにもまいりませんので、一年の始まりにふさわしい一文字を景気よくデコレートしてみました。発奮 → 発見 → 発案 → 発注と上手に連鎖すれば喜ばしいことこの上ないのですが、 発奮したものの一人で悩んで発熱!なんていうのもつまらない。社員一同丁々発止とやり合って、楽しいものが作れたらと願う次第であります。

2011年12月のコラム

体感にすると、8時間くらいですかね?バタバタしてる間に12月です。毎年10月くらいになると「もう秋だよ、まいったねぇ」なんてことを言い始め、15分もすると12月。生まれてこの方ウン十年、同じことを繰り返してるくせに「今年はちっとも12月が来ませんな」なんて会話があったためしはなく、来年もきっとまた同じことを繰り返すのでありましょう。忙しいからって忘れちゃいけないことがありすぎた今年の話は、あえて繰り返しするつもりでありますが。

2011年11月のコラム

当社のサイトが新しくなりました。「時節にふさわしい漢字をトップにデンと出しましょ」なんて話になりまして、はて、この時期にふさわしい漢字とは…?と悩むこと小一時間。この際11月とかそういうのはヨコに置いといて、サイトが変わったんだから「変」でいいよとの結論に。ハイ、柔軟!変人の集まりだから「変」だろ?とのお声も聞こえますが、お褒めの言葉として頂戴いたしますありがとうございます。そんなこんなで今後ともよろしくお願いいたします。