Home > 九段さんぽ > 2013 1月

KUDAN散歩

umehara

2013-01-07

2013年のグラブデザイン始動しました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

現代では正月も三が日が終わればすぐに平常の生活に戻られる方がほとんどかもしれませんが、本来は1月15日までの間を小正月と呼び、正月にまつわる行事が続きます。

まずは、7日の七草粥。

その日の朝にすずな、ごぎょうなどの春の七草で作った七草粥をいただくと、
一年間元気で過ごせると賞味します。

11日の鏡開きでは、お供えしていた鏡餅を割ってお雑煮やお汁粉にして賞味しす。

続いて15日にはとんど(どんど)焼きがあります。
お供え物やしめ縄、不要になった飾りもの、ぬいぐるみなど縁起を残して焼いていく風習があります。神社や小学校などにその年に飾った門松やしめ縄飾りなどを持ち寄って焼き、その灰を庭にまいたり、子供の頬につけると厄除けになると言われています。

実は、まだまだ続くお正月。
しっかりとスタートアップをしながら伝統を継承したいですね。

grab

2013-01-01

2013年元旦のコラム

さて、今年も残すところあと360日余りとなりました(どや顏)。今年は蛇年。「ヤダ気持ち悪い!」と忌み嫌われたり、そうかと思ったら「神様のお使いじゃ!」と崇め奉られたり、何かと大変なヘビですが、この存在としての振り幅の大きさこそが彼らの最大の魅力。デザイン会社っぽいことで言うと、キャラクター化した時にとことん邪悪で凶悪なものから、とことん美しかったり可愛いかったりするものまで出来上がる、そういった素材としての素晴らしさをヘビは持っているのであります。こんな魅力的なヘビ様に見習って、今年一年、当社もヘビのごとく脱皮を繰り返しながら、縦横無尽にニョロニョロと進んで参る所存です。気持ち悪がられないようにだけは注意しつつ…