Home > 九段さんぽ > 2012 3月

KUDAN散歩

grab

2012-03-01

2012年3月のコラム

震災から一年が経過します。様々な非日常を日々目の当たりにし、体験する中で、まさか自分が考えるようになるなどとは想像もしなかった諸々についていろいろと考えるようになっていきました。去年の3月、図らずも草木の芽吹きに合わせて自分の頭に思考の芽がポツポツと生えてしまったわけですが、今年も、そして来年も再来年も、3月になると頭から新しい芽が生え、何かを考えることになるでしょう。そして、この営みは生きている限り続くのでしょう。